• HOME>
  • EVENT>
  • 受験まで、まだ時間のあるこの時期には♪

INFORMATION

受験まで、まだ時間のあるこの時期には♪ EVENT

受験までまだ時間のあるこの時期には、ローレンシャンスクールでは『感受性のプログラム』

とよんでいる様々なレッスンを行っています。受験直球のレッスンばかりでは、応用力は

育ちません。

 

先日は、ピンホールカメラを作ってみました。赤い光だけの暗室での現像作業まで実際に

子どもたちが行い、みな、大興奮!大人顔負けの芸術的な作品に仕上がりました。

 

いきいきと自分らしい言葉で、自らの体験や想いを語ることのできる子どもたちを

育てる為に、子ども達には質の高い体験を数多くさせることが大切です。

体験の有無は、言葉だけでなく、描く作品にも違いが現れます。

 

実際にリンゴを触り、目で見て、匂いを嗅いで、最後には、みんなでおいしく食べた後で

描いたリンゴと、「では、いまからリンゴを描きましょう」といって、図鑑などを見ながら描いた

リンゴとでは、仕上がりの力強さが全く違います。

 

ローレンシャンスクールでは、さまざまな体験をプロデュースし、また、その体験を、子どもたちが

いきいきと言葉にして発信できるような、さまざまな仕掛けを取り入れたレッスンを、この時期は

沢山 沢山行っています。

 

以下は、実際にレッスンを行ったアートの専門講師である浅井先生による文章と写真です。

 

『カメラ・オブスクラの原理を利用した段ボールカメラを作りました』

カメラ・オブスクラとは暗い部屋を意味し、真っ暗な部屋に明けられた小さな針穴(ピンホール)

を通して外の風景が内側の壁に像を結ぶ装置です。この現象は紀元前5世紀から4世紀の

古代中国や古代ギリシャの時代から知られていました。

 

現在までに、さまざまなカメラが開発されていますが、基本的な原理はこのカメラ・オブスクラの現

象によって成り立っています。

 

今回、スクールでは身近にある段ボールを使ってピンホールカメラを作り、白黒印画紙を使って実

際に撮影、現像まで行いました!

 

 

カメラは段ボールの内側を黒く塗り、ピンホールを空けたアルミ板をくっつけただけで出来上がり!

 

clip_image002

※ 家から持って来た空き箱で、ほんとうに写真なんか撮れるのかな?

半信半疑で、子どもたちは箱に穴をあけました。

 

撮りたい景色に向けてカメラをセットしたら、隠しておいた穴を開いて撮影開始!寒風吹く中、

寒い寒いと踊りながら2分間待ったら、また穴を隠して撮影終了!

 

clip_image002[10]

※ 中は、スプレーを使って、黒くぬります。みんな、くさい、くさい!

現像作業はスクールのトイレを利用した簡易暗室を作り、本格的に行いました。中は赤いセーフ

光だけでほとんど真っ暗です。ですが、赤い光にだんだん慣れてくると、現像液につけられた印画

紙から景色が浮かび上がってくる様子や、液の独特な匂いなど、しっかり観察することができました。

 

みんな思い思いに自分のカメラに飾りを施し、個性たっぷりのカメラと、大人顔負けの本格的な

写真が出来上がりました!

 

clip_image002[4]

※スクールの前の道路を写してみました♪芸術的な写真の数々に、保護者の方々もびっくり!

 

次に撮ってみたい写真は?と聞いてみると、お家のお庭を撮ってみたい!踊っている人を撮ってみたい!

と沢山撮りたいものが出てきました。

 

次はどんなカメラでどんな写真を撮ってみましょうか?

 

色々なものがデジタル化されていく これからの世の中で、手触りや匂いのある写真撮影体験は貴重な経

験として記憶に残るものであると期待します。

 

clip_image002[6]

 

※ 出来たカメラを首にかけ、みな、大喜びでお家に持って帰りました♪

ぼくも、お家の前の道をとってみるよ」「わたしは、今度は、踊る人をとってみたい」

みな、夢が膨らみます。